忍者ブログ

京都 天然石 カウンセリング

宇治市木幡にて天然石を通じたカウンセリングをしています。数十個ある水晶の原石からピンとくるものを選んでいただき、その水晶を通じて感じるメッセージをもとにカウンセリングを進めていきます。予言や占いのようなものではなく、天然石のように素直で純粋な心に還るためのものです。

私の中の悪を、全て認め入れた。


昨日、自分の心の苦しみと向き合って、半日ぶっ倒れていた。

ほとんどの人は、我が子や親、または他人を心配することで、自分の苦しみを相手に流して楽になって生きている。
他人同士の終わりのない気の使い合いは、そんなキャッチボールのわかりやすい例だ。
本当に必要な助け(その必要は、滅多に無い)以外、貰えば貰うほど苦しいのは、皆んなが経験していることだろう。



今日は自分の中に、他人を心配することで楽になっている自分をまた見つけたので、それと向き合っていたのだ。

「あ、私この人を心配することで、自分の苦しみを流している」

そう気付いた瞬間に、相手に流していた苦しみが自分に帰ってくる。

すると、途端に苦しくなってぶっ倒れてしまった。半日身体が動かない。

もう、ただジッと受け入れるしかない。

私はこれまで10数年、ずっとこの作業をしてきた。

見てみぬ振りをしている自分の苦しみを、残らず集めてきた。

主に我が子から回収した。
我が子を心配しないように、気にしないように努め、心配したときは、心配してしまう原因、種を自分の中に見つける作業を、見つかるまでやってきた。

ただひたすら、せっせせっせと自分を治して、癒やしてきたのだ。(それと比例して子供は落ち着く。子育ての真髄はこれだと思う。)

今回のそれも、これまでと同じ作業なのだが、
いつもと違う感覚があった。

これまでどおり、私の苦しみの一片、1ピースなのだけど、

今回のそれが自分に帰ってきた瞬間、
自分にとって大切な宝物、自分を構成する大切な要素を取り戻したような喜びがあった。
今から思うと、完成間近のパズルの最後の1ピースを見つけた感覚なんだと思う。
初めてであり、最後の感覚。

そこから半日ぶっ倒れて、
起き上がったとき、不思議な感覚だったのだ。

自分の悪の部分を、神の自分がすっぽりと包括してしまった感覚。

これまで毛嫌いしていた自分の性悪の部分を、全て自分の中に認め入れた感覚だった。

悪が消えたのではない、
悪を抱き参らせたといった感じ。

愛ですっぽりと覆われて、ただジッと私のなかにある。

私は私に、完全に抱きしめられているのだ。
浮かんだのは、日月神示の⦿マーク。
表すとすれば、まさにこの印なのだ。

私達が出来ることは、これしかない。
各自が自分の苦しみに向き合うこと。

子供を治すのではなく、自分を治す。

あなたが治れば、子供も親も、みんな勝手に治ってしまう。

今となっては、「治す」とは「認め入れる」といった感じ。

自分のなかに、きちんと直す。


そもそも人間としてのあらゆる性悪を否定したところ、自己否定から始まっているのだから。


カウンセリングをご希望の方は、こちらから。
お気軽にお問い合わせください。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
uemura hiroyo
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/10/22

統合失調症 薬なしでの回復

お問い合わせフォーム

カウンセリングをご希望の方は、以下のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングに来れない方々へ。

ご覧頂いている方々の中には、外に出るのが難しかったり、お話するのが苦手だったり、金銭的に難しかったり、未成年の方だったり…様々な理由で人知れず苦しんでおられる方も沢山いらっしゃると思います。そういった方々もお悩みをお寄せ下さい。 ブログや動画などで私なりにお返事をさせて頂いて、同じ苦しみをお持ちの皆さんと共有したいと思います。費用は頂きませんので安心してお寄せください。私も無理のない範囲で出来る限りお応えしていきたいと思っています。宜しくお願い致します。

P R