忍者ブログ

京都 天然石 カウンセリング

宇治市木幡にて天然石を通じたカウンセリングをしています。数十個ある水晶の原石からピンとくるものを選んでいただき、その水晶を通じて感じるメッセージをもとにカウンセリングを進めていきます。予言や占いのようなものではなく、天然石のように素直で純粋な心に還るためのものです。

自分のこと、素直に話せた。

私が石屋さんを始めたきっかけは、

今から10年ほど前、ある朝トイレに入ったら

突然胸にハッキリとした声で

「お前は石屋をやりなさい」と聞こえたことでした。

私はこれまでの人生で、三度ほど、同じくらいハッキリした声を聞いたことがあります。

正確に言えば、常に導かれているのですが、

人生の大きな転機に、通常ではない、ハッキリとした声で聞こえてきました。

あと二回は、主人と出会ったとき、

ラストは末っ子(3歳女の子)が生まれる前、紙と鉛筆を持って名前を考えようとした瞬間に、「アイコ」と名前を呼ぶ声が聞こえたときです。

三回とも、当時の自分の意識には無い願望が聞こえたため、「これは私の欲望から来る声では無い」ことは確実でした。

では一体、誰なんだろう…?

この答えは未だにわかりません。

ただ、三回とも、私はこの声の導きに従って歩いてきました。

自分の欲望ではないことと、それを選択することで周りに迷惑がかからないことを注視して。

結果、私の人生は、思いもよらぬ幸せに導かれています。(何より心が幸せになっていく)

なので私はこの声の主は神様だと信じています。

ご先祖様でも、守護霊さまでも、何でも良いのですが、とにかく私を見守り、導いてくれる存在と感じています。

今でこそ、何とかこうしてブログに書いていますが、なかなか日常生活では自分の事は話せません。まぁ、聞かれなければ話す必要も無いのですが、自分の中にまだ人目を気にしている部分があります。

そんな中、先日ふと実母から

「ところで、何で石屋さんすることになったん?」

と聞かれました。

今までも同じ質問をされたことがありましたが、

何となくごまかして、無難な返事をしていました。

でも今回は思い切って本当の事を話すことができました。

「…うん…実はまだ〇〇(長男)が小さい頃、ある朝トイレに入ったら…」

母 「…へぇ…そうして出会ったんは運命なんやと思うわ」

と、意外とすんなり受け入れてくれた様子でした。

話してみて、やっぱり一番話したかった相手は母だったのかと思いました。

フッと胸のつかえが取れたような気がしました。

これまで10数年、自分の心を見つめ続け、ようやく自分をそのまま認められるようになったから、

母にも自然と話せたんだと思います。

でも、

思えば、自分のことをありのまま話せないなんて、何て窮屈なんだろうと驚きます。

そんなこと、あちこちで自然と話せる世界だといいのに。

そしたら、みんなのことが何て興味深くて楽しいだろうと想像します。

私は何故か、ちょっと不思議なことがあったりするけど、皆んなもきっと同じ。

私はそれを、石を通じて皆さんにもお伝えする役目があるのかなぁと思っています。

本当の自分の声。神様の声に気付く。

私達を常に見守り、導いてくれる存在。 

私もまだまだですが、一歩ずつ頑張ります。

カウンセリングをご希望の方は、こちらから。

お気軽にお問い合わせ下さい。



拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
uemura hiroyo
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/10/22

統合失調症 薬なしでの回復

お問い合わせフォーム

カウンセリングをご希望の方は、以下のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングに来れない方々へ。

ご覧頂いている方々の中には、外に出るのが難しかったり、お話するのが苦手だったり、金銭的に難しかったり、未成年の方だったり…様々な理由で人知れず苦しんでおられる方も沢山いらっしゃると思います。そういった方々もお悩みをお寄せ下さい。 ブログや動画などで私なりにお返事をさせて頂いて、同じ苦しみをお持ちの皆さんと共有したいと思います。費用は頂きませんので安心してお寄せください。私も無理のない範囲で出来る限りお応えしていきたいと思っています。宜しくお願い致します。

P R